看護師

腰痛と日本人の因果関係を暴く|痛みにピリオドを

乳がんは増えている

病院

日本人の3人に1人はガンになる時代になっている今、がんは他人事ではありません。その中でも女性に多いガンといわれているのが、乳がんです。乳がんを100%予防することはできませんが、乳がん検診をうけることで、早期で見つけることができます

もっと読む

身体にやさしいがん治療

	カウンセリング

免疫細胞療法は、人間の体内に存在する免疫細胞の活性を高め、がんを治療することを目指す医療技術です。免疫細胞には元からがん細胞を攻撃する習性が備わっているため、この攻撃能力を強化することでがんの増殖を防ぎます。

もっと読む

ラジオ波焼灼術

		看護師

肝臓がんで手術ができない場合、肝臓の栄養を司る肝動脈を塞いで、がんを兵糧攻めにする治療や抗がん剤治療が行われることが多いです。しかし近年注目されているのが、ラジオ波焼灼療法です。局所麻酔での治療ですので、翌日には歩行も可能で、転移のあるケースでも治療可能です。

もっと読む

様々な治療法があります

	医者

症状を緩和するには

腰痛は、日本人に多い症状です。治療法には薬物療法、神経ブロック、コルセットの装着、温熱療法などいくつかあり、症状によって選択されます。薬物療法では、非ステロイド性消炎鎮痛薬やオピオイドが使われます。抗うつ剤や抗てんかん薬が処方されることもあります。これは脳や神経が過剰に痛みに反応するため、刺激を和らげる働きがあります。神経ブロックは、痛みが強いときにおこなわれる治療法で、神経に直接作用します。局所麻酔薬やステロイド薬が使われます。コルセットは、補助療法の一つで、腰の不安定さを解消するために用いられます。温熱療法は、腰を温めて筋肉や関節周辺の血流を良くします。血流が改善されれば痛みのもとが発生しづらくなり、症状が緩和します。

痛みを和らげるには

腰痛になると、痛みがあるため安静を保とうとする場合が多いのですが、全く動かないのよくありません。腰痛の人は、筋肉が硬いことが知られていますが、動かないと筋肉は柔軟性を保てません。傷みが激しい時を除き、なるべく動かせる部分は動かす方が治りが良くなります。腰痛は間接の柔軟性を高めることが大切で、ストレッチは非常に効果的です。腰痛外来でもストレッチを奨励しており、痛みのない範囲で行うよう指導しています。予防のためには、普段から姿勢に気をつける必要があり、ウォーキングも腰痛に効果的です。腰痛は慢性化すると、ストレスで痛みを感じるようになることがあります。そうならないためには、痛みを我慢せず、医療機関を受診することも大切です。