身体にやさしいがん治療|腰痛と日本人の因果関係を暴く|痛みにピリオドを
医者

腰痛と日本人の因果関係を暴く|痛みにピリオドを

身体にやさしいがん治療

	カウンセリング

従来の治療法は体力勝負

がんの治療においては、外科手術・放射線治療・抗がん剤投与が三大治療法として知られています。これらの治療法はいずれも豊富な治療実績を持っていますが、ある共通点があります。それは、時にはがん細胞だけでなく健康な細胞にも負荷をかけなくてはならないということです。そのため、治療に耐えられるかどうかは体力次第といった側面があります。一方、最近では身体への負担を最小限度にとどめながら治療を受けられるという、新しいタイプのがん治療法が注目を集めています。それが免疫細胞療法です。人間の身体は、細菌やウイルスなどに感染しても、ある程度までは自力で病から回復することができます。この働きを免疫力といいます。免疫細胞療法は、この免疫力をがん治療に応用した医療技術です。

身体自身の治る力を支援

免疫細胞とは、特殊な能力を持つ細胞群の総称で、いずれも白血球の仲間です。免疫細胞の能力とは、体内に有害物質が存在しているのを見つけるとこれに対して攻撃を加え、無害化するというものです。免疫細胞療法は、この能力を利用してがん細胞を攻撃し、消滅させることを目指します。免疫細胞は健康な人の体内でも毎日発生するがん細胞を攻撃していますが、免疫細胞療法ではこの攻撃能力を一層強化し、がん患者の身体が自ら治ろうとする力を後押しします。具体的な治療法としては、免疫細胞の活性化を促すような物質を投与したり、いったん取り出した患者自身の免疫細胞を培養して体内に戻すなど、いくつかの種類があります。いずれも入院の必要がなく、日常生活にほとんど制限を受けずに治療を続けられるという特徴があります。